温泉旅行は日本の文化

幼い子供と一緒に旅行を楽しむ方法について 日本国内を旅する場合に最もポピュラーなのは温泉旅行です。全国には無色透明な単純泉や、独特の香りのする硫黄泉など様々な種類の温泉が湧いています。首都圏にお住いの方であれば、有名な箱根の温泉や熱海、伊東といった場所がアクセスも良く、週末旅行にはぴったりです。温泉好きの方なら、自動車で草津温泉や伊香保温泉などまで足を運んで、名湯に浸ることを趣味とした人もいるでしょう。

長期的な休暇がとれれば、北海道や東北地方などの温泉地に赴くことで、温泉街特有の雰囲気を楽しむこともできます。温泉地といっても、多くの観光客で賑わうところや、山奥に湧いている人気の少ない秘湯などがあり、温泉マニアの方々の中にはあえて移動が困難な秘湯巡りをされている人もいらっしゃいます。こうした温泉旅行は、日本の文化のひとつであるともいえます。

自宅のお風呂に浸かるのと違って、温泉には美肌効果やリューマチなどの持病に効能がある泉質もあり魅力的です。また、露天風呂では、外の景色を身近に感じながら、手足を伸ばしてゆったりと温泉に浸かることができるので、日頃の疲れも癒されます。特に朝一番で温泉に入ることで一日のはじまりを気持ち良くむかえることができますし、就寝前に温めの温泉に浸かれば、ぐっすりと眠ることができます。

お役立ち情報